Limit1

ふるさと納税を行う時に、どれくらい寄附できるかの目安が「限度額」です。

ふるさと納税は収入に応じて上限が決まり、人によってその限度額が変わります。

そのため、まずは控除シュミレーションで限度額を求めて、その上限を超えないようにすることが1つのポイントです。

ただ、できれば上限ギリギリまでふるさと納税して返礼品をお得にもらいたいですよね。

限度額ギリギリを攻めすぎて、

・ふるさと納税で限度額超えたんだけどヤバイの!?
・ふるさと納税超えたら何か罰則とかがある?
・限度額を超過した場合の対処法が知りたい…

という人も多いようですので、ふるさと納税で限度額以上の寄附をして上限を超えた場合について説明していきますね。

また、欲しい商品の寄附金額が上限を少し超えている場合などもあると思うので、そういった場合について少し考えてみようと思います。

 

限度額を超えてふるさと納税した場合どうなる?

Limit3

限度額の上限を超えてふるさと納税をした場合にどうなるのか。

何か罰則があるかもしれないと思うかもしれませんが安心してください。

限度額の上限を超えても自己負担金が増えるだけです。

限度額が8万円でも9万円ふるさと納税したって別に問題はないのです。

その代わり、ふるさと納税の1番良いところは本来は普通に納税するだけのところを、寄付した分の税金控除を受けつつ返礼品も手に入るところです。

限度額内なら、自己負担金の2000円だけで返礼品をもらえて節税効果がかなり高いです。

しかし上限を超えた分には税金控除が適用されず、限度額以上のふるさと納税は自己負担金が増えるだけでメリットはありません。

そのため、

限度額の上限を超えても罰則などはないので心配する必要はないけれど、限度額を超えるとふるさと納税のメリットがなくなるので、できれば限度額内に寄附を留めておいた方がお得だよ。

という風に覚えてもらうといいと思います。

 

上限を3万円超えると自己負担金は32000円?

次に、ふるさと納税を限度額の上限を超えて行った場合に自己負担金がどれくらい増えるのかについて説明します。

 

誤解している人も多いのですが、例えばふるさと納税の限度額上限を3万円超えたからといって自己負担金がそのまま増えて3万2000円になるわけではありません。

計算式に当てはめるとわかることなのですが、実際は上限を超えた分より安くなります。

ちなみに、安くなる割合は限度額の上限がいくらだったかによって変わってきて、元々の上限が大きかった方が安くなる割合も増えます。

このあたりは説明しだすと長くなるので、興味があれば下記の記事で説明している計算式に当てはめてみてください。

 

 

そんなに興味がなければ、ふるさと納税の限度額が大きい人の方が上限を超えた場合の自己負担金は安くなり、限度額が小さい人だと上限を超えた分がほぼ自己負担金になるくらいの認識でいいと思います。

 

限度額12万円で寄附15万円の商品が欲しい場合

Limit2

さて、ここからは冒頭でも紹介したように、欲しい商品の寄附金額が自分のふるさと納税の上限を超えていた場合にどうすればお得かについてです。

12万円が限度額の人が寄附15万円の商品が欲しい場合について考えてみます。

返礼品の価値の上限は寄附金額の3割と決まっているので、実際に購入する場合は45000円くらいすると過程しましょう。

※実際は、総務省の通達には法の強制力がないので3割以上の自治体もあります。

まず、1つ前に説明したように限度額の上限は3万円超えていますが自己負担金は32000円ではなく、約23000円になります。

(限度額が12万円台の場合の所得から、所得税率は20%だと予想されるため)
※確定申告を行う場合の話でワンストップ特例制度を使う場合は違うので注意

となると、自己負担金が23000円に対して45000円の商品が手に入るので単純計算で22000円お得という計算になりますよね。

これなら、わざと限度額の上限を超えることで何もしないよりお得になります。

ただ、ここで考えてほしいのが普通に12万円ギリギリでふるさと納税することで他の返礼品をもらい、その欲しい商品はお店でお金を払って購入する場合です。

先ほど書いたように返礼品の上限は3割なので、12万円ギリギリふるさと納税をすれば返礼品は36000円相当もらえます。

自己負担金2000円を引いて34000円得していますよね。

(返礼品によって還元率は違うので還元率が30%の返礼品を選んだ場合)

※こちらも還元率30%以上の商品ならもっとお得になります。

だとすれば、お米やお肉など普通に生活していると絶対に買うものを返礼品で36000円分受け取って、その分を欲しかった45000円の商品代金に当てたらどうでしょうか?

 

…追加で払う必要があるのは9000円ですよね。

 

15万円寄附した場合と比べると、自分で出したお金は後者の方が14000円お得です。

 

もっと厳密に言えば、寄附15万円の商品っておそらく家電なので電器屋さんで買う時のポイントを考慮すると差はもっと開くはずです。

なんだかトンチのようですが、総合的に考えると上限いっぱいふるさと納税をした方がいいということになります。

「欲しい商品がふるさと納税の返礼品でもらえるなんてお得!」

と思いがちですが、冷製に考えるようにしましょう♪。

 

まとめ

ということで、ふるさと納税はやはり限度額の上限内に留めた方がお得だという結論になりました。

ただし、あれはあくまで一例です。

厳密には限度額12万円で11万5000円分ふるさと納税するよりは、1万円のお肉などを申し込んで12万5000円ふるさと納税した方が少しだけお得になったりするので、テクニックの1つとして覚えておいて損はないと思います。

とまぁ複雑に説明してきましたが、あまり考えすぎずに控除シュミレーションで計算した限度額の目安を上限にやるのが、考える時間もかからずに1番賢い方法だと思います。