2019年最新情報!

2019年のふるさと納税受付開始!

①還元率MAX121%!ジャンル別もあり
→ 返礼品 高還元率ランキング完全版

②iPadが復活!
→ iPadの返礼品はコチラ

③還元率45%のギフト券
→ サーティワンアイスクリームのギフト券返礼品まとめ

ふるさと納税を行う時に、どれくらい寄附できるかの目安が「限度額」です。

ふるさと納税は収入に応じて上限が決まり、人によってその限度額が変わります。

そのため、まずは控除シュミレーションで限度額を求めて、その上限を超えないようにすることが1つのポイントです。

ただ、できれば上限ギリギリまでふるさと納税して返礼品をお得にもらいたいですよね。

限度額ギリギリを攻めすぎて、

・ふるさと納税で限度額超えたんだけどヤバイの!?
・ふるさと納税オーバーしたら罰則とかがある?
・限度額を超過した場合の対処法が知りたい…

という人も多いようですので、ふるさと納税で限度額以上の寄附をして上限を超えた場合について説明していきますね。

また、欲しい返礼品の寄附金額が上限を少しオーバーしていることもあると思うので、そういった場合についても少し考えてみようと思います。

 

限度額を超えてふるさと納税したらどうなる?オーバーした時のデメリット

Koeru1 min

限度額の上限を超えてふるさと納税をした場合にどうなるのか。

罰則を受けたりデメリットがあるかもしれないと不安かもしれませんが、まず安心してください。

限度額の上限をオーバーしても自己負担金が増えるだけで罰則などはありません。

限度額が4万円の人が5万円ふるさと納税したって別に問題はないのです。

その代わり、デメリットはあります。

ふるさと納税の良いところは、寄付した金額に対して税金控除を受けつつ返礼品も手に入るところです。

限度額内でふるさと納税すれば、自己負担金の2000円でお礼の品をもらえることになるので節税効果がかなり高くなります。

しかし、上限を超えた寄付金額には税金控除が適用されません。

そのため、限度額4万円の人が5万円ふるさと納税すると、限度額をオーバーした1万円分は税金控除がなく、1万円で返礼品を買うのと同じになります。

寄付金1万円で還元率30%だと3000円相当の返礼品なので、普通に買うより7000円損していますよね。

そのため、

限度額の上限をオーバーしても罰則はないので心配不要ですが、限度額を超えるとふるさと納税のメリットがなくなるので、限度額内でやめておいた方がお得だよ。

という風に覚えてもらうといいと思います。

 

上限を3万円超えると自己負担金は32000円?

次に、ふるさと納税を限度額の上限を超えて行った場合に自己負担金がどれくらい増えるのかについて説明します。

誤解している人も多いのですが、ふるさと納税の限度額上限を3万円超えたからといって自己負担金2000円に3万円上乗せされて3万2000円になるわけではありません。

計算式に当てはめるとわかるのですが、実際は上限を超えた分より安くなります。

ちなみに、安くなる割合は限度額の上限によって変わってきて、上限が大きい方が安くなる割合も増えます。

このあたりは説明しだすと長くなるので、興味があれば下記の記事で説明している計算式に当てはめてみてください。

→ ふるさと納税できる金額の計算方法

そんなに興味がなければ、

・限度額が大きい人は上限を超えた場合の自己負担金は安い
・限度額が小さい人は上限を超えた分がほぼ自己負担金になる

くらいの認識でいいと思います。

 

限度額12万円で寄附15万円の商品が欲しい場合

Limit2

さて、ここからは冒頭で紹介したように、欲しい返礼品の寄附金額がふるさと納税の上限を超えていた場合にどうすればお得かについてです。

12万円が限度額の人が寄附15万円の商品が欲しい場合について考えてみます。

返礼品の価値の上限は寄附金額の3割と決まっているので、購入する場合は45000円くらいだと過程しましょう。

※実際は、総務省の通達に法的強制力がないので3割以上の自治体もあります。

まず、1つ前に説明したように限度額の上限は3万円超えていますが自己負担金は32000円ではなく、約23000円になります。

(限度額が12万円台の場合の所得から、所得税率は20%だと予想されるため)
※確定申告を行う場合の話でワンストップ特例制度を使う場合は違うので注意

となると、自己負担金が23000円に対して45000円の商品が手に入るので単純計算で22000円お得という計算になりますよね。

これなら、わざと限度額の上限を超えることで何もしないよりお得になります。

ただ、ここで考えてほしいのが普通に12万円ギリギリまでふるさと納税して他の返礼品をもらい、その欲しい商品はお店でお金を払って購入する場合です。

先ほど書いたように返礼品の上限は3割として、12万円ギリギリふるさと納税をすれば返礼品は36000円相当もらえます。

自己負担金2000円を引いて34000円得していますよね。

(還元率が30%の返礼品を選んだ場合なので、還元率が高いともっとお得です)

だとすれば、お米やお肉など普通に生活していると絶対に買うものを返礼品で36000円分受け取って、その分を欲しかった45000円の商品代金に当てたらどうでしょうか?

…追加で払う必要があるのは9000円ですよね。

15万円寄附した場合と比べると、自分で出したお金は後者の方が14000円お得です。

もっと厳密に言えば、寄附15万円の商品っておそらく家電やギフトカード系なので電器屋さんで買う時にポイントを考慮すると差はもっと開くはずです。

なんだかトンチのようですが、結局、上限を超えないようにふるさと納税した方がお得ということになります。

「欲しい商品がふるさと納税の返礼品でもらえるなんてお得!」

と思いがちですが、冷製に考えるようにしましょう♪。

 

まとめ

ということで、ふるさと納税はやはり限度額をオーバーせず上限内に留めた方がお得だという結論になりました。

ただし、あれはあくまで一例です。

厳密には限度額12万円で11万5000円分ふるさと納税するよりは、1万円のお肉などを申し込んで12万5000円ふるさと納税した方が少しだけお得になったりするので、テクニックの1つとして覚えておいて損はないと思います。

とまぁ複雑に説明してきましたが、あまり考えすぎずに控除シュミレーションで計算した限度額の目安を上限にやるのが、考える時間もかからずに1番賢い方法だと思います。

 


最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

下記で、アクセスの多い当サイト人気記事を紹介しますので、よろしければ返礼品選びの際の参考にしてみてください。

▼おすすめ記事はこちら(随時更新中!)

【最大121%!】ふるさと納税 高還元率ランキング完全版【2018年12月最新版】

【還元率約70%】ふるさと納税 家電還元率ランキングTOP30【2018年12月最新版】

 

管理人イチオシふるさと納税ポータルサイト!

使いやすい初心者向けサイトの「さとふる」

テレビCMで知名度も高く、利用者の口コミが見れるので失敗しないふるさと納税が可能。

無料サポートも充実していて、電話相談までできるので初めてのふるさと納税でも安心です。

→ 利用者意向No,1の「さとふる」を見てみる

家電にとにかく強い「ふるなび」

1000点以上の家電返礼品があり、テレビに掃除機、プリンターにiPadやパソコン&ディスプレイなど幅広く揃っているので、家電がほしいならふるなびで決まりです。

ホームページが新しくなり見にくさも解消しています。

→ 家電掲載数No,1の「ふるなび」を見てみる

ポイント10倍以上を狙える「楽天ふるさと納税」

楽天で買い物する感覚でふるさと納税ができ、ポイントも還元されます。

ポイント10倍キャンペーンの対象なので、お買い物マラソンと組み合わせるとポイント10倍以上も狙えます。

→ 大量ポイントがもらえる「楽天ふるさと納税」を見てみる

バルミューダやドンペリ、エルゴベビーなど人気ブランド勢揃いの「F-style」

バルミューダやルクレーゼなどの調理家電、ベビー用品のサイベックス、エルゴベビー、ジョンマスターオーガニックなど有名ブランドが勢揃いしています。

肉や米などの食料品がない代わりに、他サイトにはないブランド品が手に入る狙い目ふるさと納税サイトです。

→ 有名ブランド勢揃いの「F-style」を見てみる

ちなみに、ふるさとチョイスは掲載自治体数こそ多いですが、サイトが少し見にくいので初心者にはおすすめできません。(慣れていても個人的にはイマイチです)

返礼品が多すぎるのも探しにくさにつながっているので、上記4サイトで探す方が簡単にお得な返礼品が見つかります。