ふるさと納税には納税という名前がついていますが実質は自治体への寄付です。

そのため、普通なら国におさめるだけの税金を自治体におさめることで社会貢献にもなります。

さらに社会貢献をしつつ、節税にもなるのがふるさと納税の良いところです。

一般的な節税と比べて、ふるさと納税の節税効果は抜群に良いです。

普通の節税だと支出額に対して所得税率をかけた分が節税になりますよね。

例えば、経費として計上できる10万円の支出がある場合、年収によっても変わりますが所得税率が20%なら20000円の節税効果があります。

一方、ふるさと納税の場合は限度額内であれば同じ10万円でも自己負担の2000円を除いた98000円分の節税になるのです。

しかも返礼品までもらうこともできて一石二鳥です。

さらに、ふるさと納税自体の手続きはシンプルで簡単なので、年末調整や確定申告以外の部分はふるさと納税ポータルサイトで簡単にできてしまいます。

  • 高い節税効果
  • 義務ではないのでいつでもやめれる
  • 寄付と同時に節税額が確定する(経費にできるかどうかの不確定性なし)
  • 簡単に手続き可能
  • 魅力的な返礼品までGET

と節税効果が高い以外にもいろいろメリットがあるので、やらない理由がないですよね。

ふるさと納税は、「やって得する制度」ではなく「やらないと損する制度」なのでやってみたいけど面倒臭そうという場合はぜひ1度挑戦してみてください。