ふるさと納税をする時に、1番面倒そうで、1番気になるのが「確定申告」ではないでしょうか。

 

「確定申告ってしなくちゃいけないの?」
「ふるさと納税は興味があるけど確定申告は面倒くさそう…」
「誰かに確定申告をやってもらうことはできるの?」

 

など、ふるさと納税自体は気になっていても、確定申告という余計な作業が入ってしまうことがネックになって1歩を踏み出せない人は多いみたいです。

 

まずこの時点で誤解してしまっています。

 

実は「ワンストップ特例制度」を利用すれば、確定申告をする必要はありません。

 

ワンストップ特例制度とは、簡単に説明すると5つの自治体までなら確定申告なしでふるさと納税できますよ、という制度です。

 

年収が高くなると5自治体では限度額までいかないので、6自治体以上に寄附をする場合は確定申告のやり方についても知っておく必要がでてきますが、基本的に5つの自治体までなら仕組みはすごくシンプルなんです。

 

実際は、確定申告をした方が手続き等が楽な場合もありますが、ふるさと納税って思っているほど面倒じゃなくなってきています。

 

 

それを知らずに難しそうだから、面倒くさそうだからという理由でふるさと納税をためらうのはすごくもったいないです。

 

限度額いっぱい寄附する必要はないので、確定申告を避けたいなら寄附する自治体5つまでにおさえてワンストップ特例制度を利用するというのも選択肢の1つですからね。

 

ふるさと納税に興味があるなら、「5つの自治体までなら全然面倒じゃない」というのは頭に置いておくといいと思います。