2019年最新情報!

2019年のふるさと納税受付開始!

①還元率MAX121%!ジャンル別もあり
→ 返礼品 高還元率ランキング完全版

②iPadが復活!
→ iPadの返礼品はコチラ

③還元率45%のギフト券
→ サーティワンアイスクリームのギフト券返礼品まとめ

 

ふるさと納税とはなぜおすすめなのか。

 

これを一言であらわすと、

 

「たった2000円で多くの返礼品がもらえる」

 

ことにつきます。

 

ふるさと納税は自分で選んだ自治体に寄附をすることで、お礼として寄附をした自治体から返礼品が贈られてくるのが特徴です。
(カニとかお肉とかお米とかパソコンとかホントにいろいろあります。)

 

これだけだと、ただ寄付してお礼をもらっているだけになってしまいますが、ここで重要な仕組みがあります。

それが、自治体に寄附をすることで寄附金額と同じだけの税金が控除されるということです。(3万円寄附したら3万円税金が安くなるという風に)

 

つまり、自治体への寄附が納税の代わりになるということです。

 

(寄付した分だけ税金が控除されて、納税額が減るため)

 

 

税金が安くなりつつ、自治体に寄附することで返礼品がもらえます。

 

ということは?

 

本来は普通に国に納税するだけだった税金に、自治体への寄附を経由するだけで返礼品というおまけがついてきてお得なわけです。

 

・国に納税して何ももらえないか(従来の納税)
・自治体へ寄附して返礼品のおまけをもらうか(ふるさと納税)

 

という2つ選択肢のどちらを選ぶかになります。

 

 

その代わり、ふるさと納税を行う場合は2000円だけ自己負担が必要になってきます。

 

でも考えてみてください。

 

例えば、↓を見ると1万円寄附してお肉4キロとかカニ2匹とか普通にあります。

 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
さとふる

 

 

さらに、ふるさと納税は複数の自治体への寄附が可能。
(6個の自治体までなら、面倒な確定申告なども必要ありません。)

 

お肉4キロとカニ2匹といくら500gと…という風にいろんな返礼品を自己負担2000円だけでもらえるとしたら普通に嬉しくないですか?

 

手続きが面倒そうとか、仕組みが複雑そうとかで誤解されがちな制度なんですが、ふるさと納税は「やるとお得な制度」というより、「やらないと損をする制度」なんです。

 

ふるさと納税の期限は毎年12月31日までなので、ぜひそれまでにふるさと納税の仕組みを知って実際に行動してみてください。

 


最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

下記で、アクセスの多い当サイト人気記事を紹介しますので、よろしければ返礼品選びの際の参考にしてみてください。

▼おすすめ記事はこちら(随時更新中!)

【最大121%!】ふるさと納税 高還元率ランキング完全版【2018年12月最新版】

【還元率約70%】ふるさと納税 家電還元率ランキングTOP30【2018年12月最新版】

 

管理人イチオシふるさと納税ポータルサイト!

使いやすい初心者向けサイトの「さとふる」

テレビCMで知名度も高く、利用者の口コミが見れるので失敗しないふるさと納税が可能。

無料サポートも充実していて、電話相談までできるので初めてのふるさと納税でも安心です。

→ 利用者意向No,1の「さとふる」を見てみる

家電にとにかく強い「ふるなび」

1000点以上の家電返礼品があり、テレビに掃除機、プリンターにiPadやパソコン&ディスプレイなど幅広く揃っているので、家電がほしいならふるなびで決まりです。

ホームページが新しくなり見にくさも解消しています。

→ 家電掲載数No,1の「ふるなび」を見てみる

ポイント10倍以上を狙える「楽天ふるさと納税」

楽天で買い物する感覚でふるさと納税ができ、ポイントも還元されます。

ポイント10倍キャンペーンの対象なので、お買い物マラソンと組み合わせるとポイント10倍以上も狙えます。

→ 大量ポイントがもらえる「楽天ふるさと納税」を見てみる

バルミューダやドンペリ、エルゴベビーなど人気ブランド勢揃いの「F-style」

バルミューダやルクレーゼなどの調理家電、ベビー用品のサイベックス、エルゴベビー、ジョンマスターオーガニックなど有名ブランドが勢揃いしています。

肉や米などの食料品がない代わりに、他サイトにはないブランド品が手に入る狙い目ふるさと納税サイトです。

→ 有名ブランド勢揃いの「F-style」を見てみる

ちなみに、ふるさとチョイスは掲載自治体数こそ多いですが、サイトが少し見にくいので初心者にはおすすめできません。(慣れていても個人的にはイマイチです)

返礼品が多すぎるのも探しにくさにつながっているので、上記4サイトで探す方が簡単にお得な返礼品が見つかります。