ふるさと納税とはなぜおすすめなのか。

 

これを一言であらわすと、

 

「たった2000円で多くの返礼品がもらえる」

 

ことにつきます。

 

ふるさと納税は自分で選んだ自治体に寄附をすることで、お礼として寄附をした自治体から返礼品が贈られてくるのが特徴です。
(カニとかお肉とかお米とかパソコンとかホントにいろいろあります。)

 

これだけだと、ただ寄付してお礼をもらっているだけになってしまいますが、ここで重要な仕組みがあります。

それが、自治体に寄附をすることで寄附金額と同じだけの税金が控除されるということです。(3万円寄附したら3万円税金が安くなるという風に)

 

つまり、自治体への寄附が納税の代わりになるということです。

 

(寄付した分だけ税金が控除されて、納税額が減るため)

 

 

税金が安くなりつつ、自治体に寄附することで返礼品がもらえます。

 

ということは?

 

本来は普通に国に納税するだけだった税金に、自治体への寄附を経由するだけで返礼品というおまけがついてきてお得なわけです。

 

・国に納税して何ももらえないか(従来の納税)
・自治体へ寄附して返礼品のおまけをもらうか(ふるさと納税)

 

という2つ選択肢のどちらを選ぶかになります。

 

 

その代わり、ふるさと納税を行う場合は2000円だけ自己負担が必要になってきます。

 

でも考えてみてください。

 

例えば、↓を見ると1万円寄附してお肉4キロとかカニ2匹とか普通にあります。

 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】
さとふる

 

 

さらに、ふるさと納税は複数の自治体への寄附が可能。
(6個の自治体までなら、面倒な確定申告なども必要ありません。)

 

お肉4キロとカニ2匹といくら500gと…という風にいろんな返礼品を自己負担2000円だけでもらえるとしたら普通に嬉しくないですか?

 

手続きが面倒そうとか、仕組みが複雑そうとかで誤解されがちな制度なんですが、ふるさと納税は「やるとお得な制度」というより、「やらないと損をする制度」なんです。

 

ふるさと納税の期限は毎年12月31日までなので、ぜひそれまでにふるさと納税の仕組みを知って実際に行動してみてください。