昨日、「なかい君の学スイッチ」という番組で、ふるさと納税の特集をやっていたのを見ました。

福岡での放送日は水曜だったんですが、放送自体は月曜深夜だったみたいです。

番組を見ていて思ったのが、ふるさと納税の仕組みについて理解していない人が本当に多いということ。

  • 興味はあるんだけど、どうすればいいかわからない
  • どういう仕組みでお礼の品がもらえるのか不明
  • 美味しすぎて裏がありそう。損をしないか心配

という感じの印象でした。

ふるさと納税は仕組みさえきちんと理解していればメリットしかない素晴らしい制度ですが、詳細を知る機会がないから知らないまま、挑戦しないままなんだと思います。

ちなみに、アドバイザーとして登場した金森重樹さん。

ふるさと納税の達人と言われている方のようですが、年収は10億円近くあるみたいです。

そのため所得税も数億単位で発生しているので、ふるさと納税だけで生活できているという状況でした。

学スイッチの番組内では1回で500万円寄付を複数箇所にするなど、かなり規模の大きい様子が出ていましたがあれを見て自分には関係ないと思う人が増えてしまいそうで怖いですね。

テレビなのでおもしろさを追求した結果でしょうが、実際ふるさと納税はサラリーマンでも普通に行なえます。

所得が多いほど限度額も大きくなるので、いろんなところにふるさと納税ができてお礼の品も増えていきますが1箇所・2箇所にするだけでもお得です。

学スイッチで金森さんも言っていましたが、税金を納めるのは逃れることはできないので、結局払うなら返礼品をもらいつつ応援したい自治体に税金を使ってもらえる方がWin-Winですよね。

今年のふるさと納税は12月31日までで終了なので、まだやっていない場合は挑戦してみてはどうでしょうか。