2019年最新情報!

2019年のふるさと納税受付開始!

①還元率MAX121%!ジャンル別もあり
→ 返礼品 高還元率ランキング完全版

②iPadが復活!
→ iPadの返礼品はコチラ

③還元率45%のギフト券
→ サーティワンアイスクリームのギフト券返礼品まとめ

牛肉や豚肉でよく見る「小間切れ(こまぎれ」や「切り落とし」という文字。

「佐賀牛切り落とし」「国産黒毛和牛小間切れ」とかふるさと納税の返礼品でもよく見かけますよね。

この2つが本来の牛肉とどう違うのか、こま切れと切り落としは何が違うのかを調べてみましたので参考にしてみてください。

 

こま切れや切り落とし肉の返礼品はなぜ量が多いのか

牛肉や豚肉などの部位?としてよく聞くこま切れ肉や切り落とし肉ですが、これは一般的にステーキ肉やスライス肉を取ったあまりの端肉です。

つまり、それだけでは売り物にできず捨てるしかない部分を合わせて端肉としています。

そのため、ふるさと納税の返礼品でもステーキ肉やスライス肉に比べてこま切れや切り落とし肉の方が量がたくさんもらえるわけですね。

 

一般的に使われる部位

こま切れ肉の場合は、豚肉ならカタ肉、牛肉なら外モモ肉を使う場合が多いようですね。

豚肉でカタ肉が多いのは、肩肉には骨・筋が多く、これを取り除いてからきれいなスライスにするのは難しいからで、牛肉に外モモ肉が多いのは、肉が硬くてスライス、ステーキ肉などに不向きだからです。

ウデ肉も筋が多くて少し硬いので切り落とし、小間肉両方に使われやすいです。

が、これはそういう傾向にあるというだけで、どの部位の可能性もあります。

 

こま切れと切落しの違い

こま切れ肉と切り落とし肉の違いですが、一言でいうと、

  • 切り落とし肉 → 単一部位
  • こま切れ肉 → 部位ミックス

という違いがあります。

スーパーなどで売られている切り落とし肉の場合、ラベルには「バラの切り落とし」「モモの切り落とし」という風に「○○の~」と部位が書かれていることが多いです。

それに対して、こま切れ肉はいろんな部位のお肉が入っているので単純に「豚肉こま切れ」という風に書かれることが多いです。

もう1つ違いとして、こま切れ肉は切り落とし肉よりも1枚あたりのサイズが小さいです。

一辺が大きいものを切り落とし肉、小さいものをこま切れ肉と呼んでいるところもあります。

 

まとめ

こま切れ肉も切り落とし肉も、端肉ではありますが、微妙に違うんですね。

バラならバラ、モモならモモという風に単一種類で少し大きいものが切り落とし肉、いろんな部位がミックスされていて切り落としよりも小さいものがこま切れ肉という風に覚えればいいのではないでしょうか。

こう考えると、こま切れ肉は牛丼などお肉を細かくして使う場合に良いなど、それぞれ適した料理がわかってきそうですね。

参考になれば嬉しいです。


最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

下記で、アクセスの多い当サイト人気記事を紹介しますので、よろしければ返礼品選びの際の参考にしてみてください。

▼おすすめ記事はこちら(随時更新中!)

【最大121%!】ふるさと納税 高還元率ランキング完全版【2018年12月最新版】

【還元率約70%】ふるさと納税 家電還元率ランキングTOP30【2018年12月最新版】

 

管理人イチオシふるさと納税ポータルサイト!

使いやすい初心者向けサイトの「さとふる」

テレビCMで知名度も高く、利用者の口コミが見れるので失敗しないふるさと納税が可能。

無料サポートも充実していて、電話相談までできるので初めてのふるさと納税でも安心です。

→ 利用者意向No,1の「さとふる」を見てみる

家電にとにかく強い「ふるなび」

1000点以上の家電返礼品があり、テレビに掃除機、プリンターにiPadやパソコン&ディスプレイなど幅広く揃っているので、家電がほしいならふるなびで決まりです。

ホームページが新しくなり見にくさも解消しています。

→ 家電掲載数No,1の「ふるなび」を見てみる

ポイント10倍以上を狙える「楽天ふるさと納税」

楽天で買い物する感覚でふるさと納税ができ、ポイントも還元されます。

ポイント10倍キャンペーンの対象なので、お買い物マラソンと組み合わせるとポイント10倍以上も狙えます。

→ 大量ポイントがもらえる「楽天ふるさと納税」を見てみる

バルミューダやドンペリ、エルゴベビーなど人気ブランド勢揃いの「F-style」

バルミューダやルクレーゼなどの調理家電、ベビー用品のサイベックス、エルゴベビー、ジョンマスターオーガニックなど有名ブランドが勢揃いしています。

肉や米などの食料品がない代わりに、他サイトにはないブランド品が手に入る狙い目ふるさと納税サイトです。

→ 有名ブランド勢揃いの「F-style」を見てみる

ちなみに、ふるさとチョイスは掲載自治体数こそ多いですが、サイトが少し見にくいので初心者にはおすすめできません。(慣れていても個人的にはイマイチです)

返礼品が多すぎるのも探しにくさにつながっているので、上記4サイトで探す方が簡単にお得な返礼品が見つかります。